脂質の種類

脂質はある程度の量を摂取しないと健康を維持できない

↓中性脂肪とコレステロールに効くサプリメント↓

イマーク

 

コレステロールが高いからといって、脂質を全く取らないようにするとどうなるのでしょうか??

 

実は、このような考え方は非常に危険です。

 

「脂質(油脂)はコレステロールをふやし、動脈硬化を促進させる悪者」と認識している人がいますが、これは誤りです。

 

おおまかな指針として、1日にとる油脂のカロリーは総エネルギーの20〜25%が望ましいとされています。成人の1日に必要なエネルギー量を、おおよそ2000kcakとすれば、20〜25%の400〜500kcalは脂質でとらなくては健康を維持できません。

 

この量が不足すると、血管や筋肉を健康に保つことができなくなりますし、炭水化物などほかの栄養素を燃やすことができず糖尿病になりやすくなるのです。ただし、脂質をとりすぎると確かに血液中のコレステロールが余って、血管の内側の壁にしみ込み、こびりついて動脈硬化を起こします。

 

重要なのは脂質の内訳とバランス

また、量だけでなく摂取する脂質の内容も動脈硬化の原因にかかわっています。脂質は、以下の3種類に大別できます。

 

飽和脂肪酸

牛や豚の脂(へット、ラード)、バターなど、動物性の脂肪に多く含まれている。飽和脂肪酸を取り過ぎると動脈硬化を促進させたり、血液が固まりやすくなります。

詳細はコチラ⇒植物油と動物性脂肪

 

 

一価不飽和脂肪酸

オレイン酸などがこれ。主に植物性の油に含まれる。代表的な食品にアーモンド、オリーブ油、菜種油、鶏肉の脂肪分などがあります。

 

詳細はコチラ⇒オリーブオイルの効果

 

オレイン酸を効率的に取るなら!⇒話題のオリーブオイル健康法を手軽にお試し!約1ヶ月分1,000円/特典付き

 

多価不飽和脂肪酸

リノール酸やリノレン酸などがこの脂肪酸。人体内では合成できない。植物油や魚油(いわし、さば、ぶり、まぐろ)に多く含まれる。多価不飽和脂肪酸を取り過ぎると、HDLコレステロールまで減らすと伴に、脂肪の酸化物質を作りやすくします。代表的なものに、サフラワー油、大豆油、ひまわり油、魚油などがあります。

詳細はコチラ⇒魚の油がコレステロールを下げる!

 

 

これまで、食用油といえば、一般的にはサラダ油でした。サラダ油でいちばん多い成分はリノール酸です。リノール酸はコレステロールを下げる働きがあるのですが、悪玉のLDLコレステロールを減らすだけでなく、善玉のHDLコレステロールも同時に減らしてしまうという欠点があります。

 

これに対し、オリーブ油などに多く含まれているオレイン酸などは、HDLコレステロールを減らすことなく、 LDLコレステロールを減らす働きを持っています。こうしてみると、「飽和脂肪酸の多い動物性脂肪は体によくなさそうだから、とらないようにしよう」とか「リノール酸は善玉コレステロールも減らすから、一価不飽和脂肪酸の多い植物油だけにしよう」と考える人もいると思います。

 

しかし、油のとり方はバランスがたいせつです。上記で上げた、3種類の脂質は下表の様なバランスが良いとされていますので、一つの目安にするとよいでしょう。

 

脂質種類

摂取バランス

飽和脂肪酸

30%

一価不飽和脂肪酸

40%

多価飽和脂肪酸

30%

 

薬でコレステロールを改善

薬でコレステロールを改善する方法がありますが、基本的には食事と運動で改善しなければなりません。劇的にコレステロールを改善してくれる薬もありますが、薬には副作用もあります。薬を飲まないのが一番良いのですが、万が一飲む場合はその薬の特徴や、服用する目的などを理解しましょう。

 

コレステロールを下げる薬

 

関連記事

トクホ(特定保健用食品)とは
通称トクホとは生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり、コレステロール、中性脂肪などを改善したり、お腹の調子を調整するなどの科学的に証明されている製品個々とです。また国(消費者庁)が許可した商品でもあります。

 

 

 

 

植物性と動物性のバランス
植物油にある不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、摂取量を適切に守れば善玉HDLコレステロールをふやす働きがあります。

 

 

 

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。





コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報