その場足踏み運動でコレステロール改善

足踏みがコレステロールを大きく下げる

↓中性脂肪とコレステロールに効くサプリメント↓

イマーク

 

太ももを高く上げる足踏み運動がコレステロールを下げてくれます。コレステロールを減らすのに運動が必要といっても、年齢や体力、体調によって事情は変わります。

 

そこで、脂質異常症をはじめ、高血圧や糖尿病などの生活習慣病をかかえている人でも、年齢を問わずに手軽にできるのが、太ももを床と平行になるまで高く上げるその場足踏みです。この運動で重要なのは、太ももを床と平行になる高さにまで上げることです。行う時間は、1日にたったの3分。体への負担がそれほどかからず、それでいてウォーキングよりも消費カロリーが多く、太ももをはじめ全身の筋肉を効率よく強化できます。

 

この運動をすると、体脂肪を減らすと同時に、脂質異常症や高血庄、糖尿病、心臓病(狭心症や不整脈)などの改善に大きな効果があります。また、軽度の腰痛や膝痛、胃腸障害(便秘、下痢)などにも有効であることがわかっています。

 

全身の血行をよくすることが最大のメリットです

その場足踏みが、こうした効果をあげる理由は、太ももを腰の位置まで高く上げることにあります。太ももを水平に持ち上げるためには、太ももの前部にある大腿直筋、おなかの内臓のさらに後ろにある大腰筋、腰骨の内側にある腸骨筋などの筋肉を中心に、下半身の筋肉をダイナミックに使います。すると、これらの筋肉に多量の血液が流れ、心臓にも多くの血液が流れ込みます。

 

安静時には、心臓から出る血液の50%は胃や腸など、内臓を流れていきます。ところがその場足踏みをすると、筋肉を動かすために血液のほとんどが心臓を初め、活動している筋肉へと移行するのです。

 

心臓には普段の5倍もの血液が流れ込み、それとともに全身の血行が良くなります。全身の血行が活発になることがその場足踏みの最大のポイントなのです。

 

その場足踏みのじょうずなやり方と効果的に行うコツ

その場足踏みのやり方は次のようにします。

 

  1. 背筋を仲ばし、体をまっすぐにして立つ
  2. 左膝が腰の高さまであがるように、つまり太ももと床が平行になるまで足をすつと上げ、静かにつま先からおろす。このとき腕は仲ばして、前後に大きく振る
  3. 同じように、右足を太ももと床が平行になるまで上げておろす。腕は伸ばして、前後に大きく振る
  4. 片足の上げ下げを1回と数えて、左足とお足を交互に繰り返して、その場で足踏みする

 

以下動画を参考にしてください。

 

 

 

たったこれだけのことです。ただし、太ももを床と平行になるまで高く上げる事と毎日実行することの2点だけは必ず守ってください。その場足踏みは、室内で場所をとらず簡単にできるため、楽に習慣づけて毎日行うことができるでしょう。高齢の人や腰痛のある人は、いすや壁につかまって行ってもかまいません。

 

足踏みのスピードや回数は、自分のぺースでかまいません。行う回数の目安は、初のうちは1日に10-20回から始めます。そして、1力月後には50回、3力月後には100回、そして1年後には300回と無理の無いレベルで徐々にふやしていきましょう。最終的には、3-4分間で300回というスピードと回数が目安です。スピードはさておき、回数を200回前後できるようになるころから徐々に、病気や不快症状の改善や効果がはっきりとあらわれてきます。

 

一日のうち、いつ行ってもいいのですが、食べ物の消化吸収を妨げてしまう食後1時間と、血圧が高くなっている入浴の直後に行うのは避けましょう。

運動療法と合わせて行いたい!

太ももを高く上げる足踏み運動は、ウォーキングよりエネルギーの消費が大きいです。しかし、更に効率良く治療効果を得るためには、どうしても「食事療法」が避けられません。運動で消費されるエネルギーは以外にも少ないものです。運動だけでは治療効果がどうしても限られてしましますので、食事療法と合わせて行うことが重要です。

 

食事療法についての詳細ページ⇒コレステロールと食事量の改善
薬とコレステロールの詳細ページ⇒薬の服用によるコレステロール改善方法

 

関連記事

短期間でコレステロールを下げる成分
コレステロールを下げる効果のある成分の代表格に食物繊維、DHA、EPAがあります。極短期的にコレステロールを減らしたい方には食物繊維をより多く摂取することで改善が期待出来ます。健康診断マジかのアナタ!いっぺん試してみてはどうですか?

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。





コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報