糖尿病と中性脂肪値の関係

糖尿病と中性脂肪値の関係

意外と知られてないかもしれませんが糖尿病患者さんの20〜50%に脂質異常症が見られると言われています。そもそも糖尿病とは、活動のためのエネルギー源であるブドウ糖が、うまくに利用されずに血液中でだぶつき、その濃度が異常に高い状態が慢性的ににつづく病気です。そしてこの糖尿病の恐ろしいところは、全身をむしばみ様々な合併症を引き起こすことです。

 

ブドウ糖は、主にご飯やパンなどのなどの糖質食品が胃や腸でで分解されてできますが、このブドウ糖を筋肉などで実際にエネルギーに変えるのに必要な物ホルモンがあります。それがインスリンと呼ばれるホルモンです。一度は耳にしたこともあると思います。

 

つまり、このインスリンの作用が不足してブドウ糖が利用されにくくなり高血糖を招いて糖尿病を引き起こすのです。

 

関連記事

インスリン分泌が減る原因
高血糖と糖尿病

 

インスリンの作用不足は脂質代謝に悪影響

カイロミクロンVLDLは、組織の毛細血管に存在するリポダンパクリパーゼという酵素により分解されますが、糖尿病でインスリンの作用が悪いと、この酵素の合成が不足しがちになります。このため、カイロミクロンやVLDLは分解されにくくなり、血液中にだぶついて、ほ高中性脂肪症を引き起こしやすくなります。

 

また、インスリンの作用不足のせいでブドウ糖がエネルギーなどになりにくいため、筋肉などの細胞は、脂肪組織に蓄えられた中性脂肪を分解しエネルギー源にします。すると、分解されてできた遊離脂肪酸は筋肉ではとても利用しきれないため肝臓に戻ってしまい中性脂肪やコレステロールの原料になってしまいます。

 

さらに、血液中に滞留したブドウ糖が肝臓でコレステロールや中性脂肪の材料に回されて、大量の中性脂肪やコレステロールが合成されてしまいます。このように糖尿病の人は、血液中の脂質がふえやすくなります。

 

糖尿病に合併して起こる脂質異常症の程度はさまざまですが、一般に中性脂肪値が高くなる場合が多いようです。LDLコレステロールが上昇するケースもありますし、HDLコレステロールが低下することもあります。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。




コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top