コレステロールが増える原因

なぜコレステロールが増えるのか

コレステロールは人間の体にとって無くてはならない物質であるとともに、過剰にありすぎると問題が出てくるという難しい物質です。程よくバランス良くないといけないのです。そもそも人間の体には、コレステロールを一定に保つ仕組みががります。このため、コレステロールが多く含まれている食品を大量に摂取したからといって直ぐにコレステロール値が上昇するわけではありません。

 

食事として摂取した量が多ければ肝臓で合成される量が減り、逆に食事によるコレステロール摂取量が多ければ肝臓での合成量は減ります。このように体内のコレステロール量は常に一定になるように調整されています。しかし、あまりにも食事の量が増えたり運動しなくなったりすると調整能力が原価を迎えコレステロール値がが上昇してしまいます。まずは、コレステロールを下げる食事を心がけ適度な運動を行うことを重視しなければなりません。

 

コレステロールの合成過程

食事により摂取した脂質は脂肪酸になりβ酸化と呼ばれる分解系で処理されます。そして最後にできるのが、アセチルCOAと言う物質でこれがコレステロールの原料になります。つまり、多く食べれば食べるほどアセチルCoAが大量に合成され、アセチルCoAはコレステロールの原料になることから当然、血液中のコレステロール値も上昇するという仕組みです。

 

さらに肥満の人は、肥大した脂肪細胞から脂肪酸が放出され、この脂肪酸もアセチルCoAになりコレステロールの合成の材料になります。肥満を伴うメタボリックシンドロームの人の肝臓では次々にコレステロールの合成が起こります。このようなことから肥満は、LDL高コレステロールの危険因子であることは言うまでもありません。

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報