動脈硬化を防ぐ食事

食生活を見直す!

脂質異常症が原因で動脈硬化などになっている方、動脈硬化の症状はないが既にメタボや脂質異常症で減量やダイエットに取り組みたい方は、まず食生活を見直すところから始めましょう。

 

特に狭心症や心筋梗塞など冠動脈疾患かたは動脈硬化の疑いが高いので、ぜひとも取り組んでいただきたい内容です。一言に血管を丈夫にするポイントは、「何をどう食べるか?」です。血液は毎日の食事で摂取する栄養素を源に毎日作り替えられます。しなやかで弾力性のある血管保つには食べ過ぎない、塩分を控える、栄養バランスを整えるの3つがポイントです。その上で何をどう食べたらよいかを考えないといけません。以下のポイントを心がけましょう。

 

食べすぎない

動脈硬化になる最大の原因は、食べ過ぎです。食べ過ぎによって血液中の脂質濃度や血糖値を上げてしまいます。自分にあった摂取エネルギーを理解し極力食べ過ぎには気をつけましょう。既に肥満である方やメタボの方は、食べ過ぎを止めるだけでも効果があります。(適切な食事量

バランスよく摂取

バランスよく食事する内容で抑えておきたい点は3つです。タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素の比率です。これらの栄養素は、人間が生きていく上で必須の栄養素でありどれも欠かすことが出来ません。よく減量やダイエットを行うときに肉や魚などを抑える場合があるいますが、これはタンパク質を減らすのはよくありません。第一に考えるのがタンパク質で、次にビタミンやミネラルなどを野菜で取り体に不要なコレステロールなどを摂取しないようにする食事内容にするとよいでしょう。

脂質は効率よく青魚等で摂取する

肉などの動物性脂肪は出来るだけ摂取しないようにしましょう。これらは、LDLコレステロールや中性脂肪を増加させる原因になります。全く摂取しないとタンパク質が取り入れられませんので、できるだけタンパク質の摂取は魚にシフトするといいでしょう。不飽和脂肪酸を多く含む青魚度がベストです。

抗酸化物質を意識して摂取

青魚や野菜のほか納豆などの大豆製品などは抗酸化作用がある食べ物です。LDLの酸化が動脈硬化を促進させるため抗酸化物質を摂取することで動脈硬化を抑止できます。

食物繊維を豊富に取る

食物繊維にはコレステロールを吸着させて排出させる作用がある栄養素です。積極的に摂取することでコレステロール値を下げることが出来き、血管を丈夫にすることが出来ます。食物繊維は、野菜やきのこ海藻類などに多く含まれています。

コレステロールの摂取量抑制

動脈硬化はコレステロールの酸化現象が大きく関わっています。肉や魚の内蔵などコレステロールが多い食品を偏って摂取すると当然コレステロールも上昇します。日本食などをメインにし、野菜やきのこなどの抗酸化物質を意識して摂取することでコレステロールの酸化を抑える事ができますので可能な限り摂取しましょう。

 

>>何をどれくらい食べるか?

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top