コレステロールと動脈硬化の原因

動脈硬化の真犯人は酸化したLDL

そもそもLDLコレステロールは悪者ではありません。これまでは、いわゆる悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが動脈硬化の元凶のようにいわれてきました。しかし、最近の研究により、LDLコレステロールそのものが動脈硬化を引き起こすのではなく、酸化したLDLコレステロールが動脈硬化の真犯人であることが解明されてきました。

 

LDLは、ふだんは細胞内にコレステロールを運ぶといった、重要な役割を担っています。ただ、LDLコレステロールのすべてが細胞にとり込まれるわけではなく、細胞にある受容体(LDLコレステロールの受け口)によって必要なコレステロールの分量が調節されています。

 

このため、動物性食品の食べすぎなどでLDLがふえすぎると、細胞内に入れないLDLが血液中や、血液と血管壁の間を出入りしてあふれることになります。

 

動脈硬化の原因はLDLを酸化させた活性酸素

そうしたLDLコレステロールが活性酸素(休をサビつかせる攻撃性の強い酸素)によって酸化されると問題なのです。酸化したLDLコレステロールは体にとっては異物とみなされ、細胞を守ろうとするマクロファージ(白血球の一種)によって食べられます。しかし、マクロファージは酸化したLDLコレステロールを大量に食べつづけると、やがて飽和状態を迎え、泡沫細胞(あたかも泡のような形をした脂質に富んだ細胞)となって血皆の内壁の中に蓄積してしまいます。実は、これが動脈硬化の原因になります。

 

泡沫細胞がたまると、血管の壁が盛り上がり、ついには破裂し、血管の壁に傷ができます。傷ができると血液中の血小板が修復しにきます。ちょうど切り傷をかさぶたが守るように血管壁にかたまりができるのです。

 

こうして血管の壁が盛り上がり、狭くなり、動脈硬化が進んでいきます。こうしたメカニズムでわかるように、悪者は酸化したLDLコレステロールであり、LDLコレステロールを酸化させるのは活性酸素なのです。ですから、動脈硬化を防ぐには、LDLコレステロールの量をふやさない事と活性酸素による酸化を防ぐ事がたいせつになります。

 

関連記事

動脈硬化について

高コレステロールが大きな原因となる動脈硬化について解説しているページです。厚生労働省の発表によると、わが国における死因のワーストスリーの中に血管系の病気が2項目あります。そしてこの血管系の病気の要因とも言えるのが動脈硬化なのです。

 

 

 

血栓について

血栓とは、血管内の血液が固まる現象で主に血管壁が傷害される事で起こる、わかりやすく言うと血管を流れる血液が固まってできる、かさぶたのようなものです。

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

コレステロールと糖尿病

高血圧や喫煙習慣のある方、糖尿病など危険因子が多い方はコレステロールのコントロールが厳しくなります。

 

 

 

 

 

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  


コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報