動脈硬化の血管外科治療

動脈硬化を治すのには、どんな手術があるのか?

残念ながら動脈硬化が進行して、動脈硬化疾患になると手術を行う場合があります。主に血管を広げる治療と血液の通り道を人工的に作る手術があります。

 

カテーテル治療

血管を広げる治療はカテーテル治療(PCI)です。カテーテル呼ばれる細い管を血管に挿入しバルーンやステントと呼ばれる金属製の筒で狭くなった血管を広げます。近年では、ステントを使用するステント留置術と呼ばれている手術が主流です。この手術はステントを血管内に留置することで血管を広げ血液の流れを良くするというものです。

 

ステントも最新のものでは、「薬剤溶出ステント」と呼ばれるものもあり、血管が再び狭くなるのを防止するために仕込まれた薬が自然に溶けてくる特殊なステントです。狭窄の予防効果が高く近年普及が進んでいます。(薬剤溶出ステントを血管に留置した時には、血栓予防薬をしばらく飲まなければなりません。)

 

バイパス手術

バイパスとは、う回路と言う意味です。詰まった血管の代わりに新たに血液が流れる人口の血管を新たに移植するというものがバイパス手術です。カテーテル治療で回復が見込めない時にバイパス治療が行われます。パイパス手術を行う場合、人工血管を使用する場合と自身の血管を別の場所から取り出して移植する方法の二通りがあります。

 

自分の血管を取り出すときは、手や足、心臓周辺、胃の周辺などの血管から移植するケースが多いようです。

動脈硬化の血管外科治療関連ページ

動脈と静脈の違いとは
動脈とは心臓から送り出された血液を、体の隅々まで送り届ける血管で、血液以外にも酸素や栄養素も供給している。対して静脈は心臓に血液を戻す血管です。
動脈硬化はなぜ危険なのか?
動脈硬化はなぜ危険なのか?一言で言うと、血管がもろくなったために起こる動脈効果性疾患が問題です。
なぜ動脈硬化になるのか?
動脈硬化は過剰なコレステロールが血管に入り込むことが原因になって起こります。
メタボと動脈硬化
当サイトは「コレステロールを下げるには?」どうしたら良いかを追求したサイトです。悪玉(LDL)コレステロールが高いのには必ず原因があります。その原因は大きく分けて運動不足と食事の内容です。当サイトではコレステロールを下げる食事内容や食品をわかりやすく解説しています。また、意外と知られていない成分を摂取することで手軽でこんなに簡単にコレステロールを下げる方法なども紹介しています。とにかく何とかしたい方には必見です。その他、即効な有効成分や意外な食品がコレステロールを正常値に導いてくれます!油のとり方、食品の選び方見直しませんか?
動脈硬化と合併症
動脈硬化が原因で起こる合併症の一覧です。
動脈硬化疾患の予防
動脈硬化疾患の予防には、食生活の改善や運動による減量、禁煙が効果的です。
脈硬化の予防って?どうすればいいの?
動脈硬化を予防するには、生活習慣を改めることが一番です。特に高コレステロール血症、高血圧、喫煙をしている人は注意が必要です。
動脈硬化になりやすい人
LDLコレステロールが高い人は動脈コウナになるリスクが高いでしょう。その他には、高血圧、喫煙、糖尿病等が上げられます。
動脈硬化と生活習慣の関係
動脈硬化と生活習慣の関係は密接なものにあります。極論を言えば、食事をバランスよく摂取しよく運動することです。
動脈硬化の検査
動脈硬化の検査には画像診断(CT、MRI、超音波検査)や血管の硬さを知る検査(CAVI、PWR)があります。
オキシステロールが動脈硬化を促進
動脈の壁に蓄積されたコレステロールが酸化して合成されるのがオキシステロールという物質。オキシステロールは酸化して動脈硬化を促進させます。

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報