コレステロールの高い食品

高コレステロールの人は摂取量の制限も必要

↓中性脂肪とコレステロールに効くサプリメント↓

イマーク

 

食事からとるコレステロール量を制限することは非常に重要です。既にコレステロールが高い人は、一日のコレステロール摂取量を300mg以下に抑えるように心がけるとよいでしょう。

 

そのためには、まず一番初めに行うことは、『コレステロールの多い食品を避ける』ことです。コレステロールが多い代表的な食品には、鶏卵、鶏肉、牛肉、レバー、いくら、たらこ、すじのこ、うに、かずのこ、魚卵類、ししゃもや内臓ごと食べられる小魚などが上げられます。

 

コレステロール摂取量の適正値

食事から取る一日のコレステロール量は、日本人の平均で300−500mg程度とされています。健康な人が摂取できる一日の目安は300−400mgとされています。また、厚生労働省が設定した、日本人のコレステロール所要量は1日に300mgとなっています。

 

以下にコレステロールを多く含む食品を一覧でまとめてみました。日頃、どんなものをどれだけ食べているか確認してみましょう!

 

コレステロールを多く含む食品一覧

食品名 摂取量 コレステロール含量
魚卵類と小魚類
たらこ 小1腹(50g)

170mg

すじこ 大さじ1杯(15g)

76mg

かずのこ 1本(30g)

111mg

うに にぎりずし2カン(10g)

29mg

あん肝 一人前(40g)

224mg

しらす干し 大さじ1杯(5g)

13mg

ししゃも 中一尾(20g)

68mg

魚介類
生いか 一人前(40g)

150mg

イカ焼き 1ぱい(120g)

492mg

ゆでたこ 一人前(20g)

150mg

くるまえび 足一本(150g)

76mg

がざみ 2尾(40g)

60mg

牡蠣 1ぱい(75g)

38mg

うなぎ 1くし(80g)

196mg

あなご 1尾(60g)

96mg

内蔵肉
鶏レバー 一人前(50g)

185mg

豚レバー 一人前(50g)

125mg

牛レバー 一人前(50g)

125mg

 

日本人の半分は食事のコレステロールに反応!

日本人の場合、食事からコレステロールに反応する人が約50%いると言われています。つまり、日本人の半分は食事によってコレステロール値が変動するのです。特に肥満の人は、コレステロールを多く含む食品を多く取ると影響が出やすいので注意が必要です。しかし、無理して全く食べないというのも「食を楽しむ」という観点から違うと思います。基本はほどほどにというところでしょうがどうしても、多く食べてしまったらDHA/EPAを含んだトクホなどを飲むことも良いでしょう。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 

以外?いか、たこ、えびはOKの理由とは??

コレステロール含量でよく問題になるのが、いか、えび、たこ、貝類などです。最近の研究でこれらの食品はそれほど影響のないことが分かって来ました。

 

ではなぜなのでしょうか?魚介類とコレステロールのページでも解説していますが、これらの食品は脂質値を抑える働きのあるステロール類が多く含まれていることがわっているからです。ステロール類は、コレステロールが腸管から吸収されるのを抑える働きがあるのです。構造的には、コレステロールとよく似ているのですが、働きは全く異なるものなのです。

 

よく「イカやタコ、えびなどにはコレステロール高い!」と耳にしますが、精度の高い方法でコレステロール値を図ると、以外のもそれほど高くないことが分かっています。またこれらの食品は、コレステロールを上げる原因の一つ「飽和脂肪酸」があまり多く含まれていないこともわかっているのです。

 

さらに魚に含まれる油には血液中の脂質を減らし動脈硬化の予防に役立つEPAと呼ばれる物質が豊富に含まれています。肉中心の食生活より魚中心の和食がコレステロールを改善できるといわれるのにも納得ができます。

 

次の記事>>コレステロールを下げる食事

 

関連記事

コレステロールを下げる食材
実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた「健康サプリメント」です。
黒酢もろみ・発酵にんにく・卵黄油が1粒に凝縮!

 

 

 

コレステロールと食事量の改善
実は意外と知られていないのですが、コレステロールの約8割は体内で生成されています。コレステロールを下げるには、コレステロールが多く含まれている食べ物だけを控えればいいと思われがちです。 しかしこれだけでは不十分なのです。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  


コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報