リジン

リジンとは

リジンは必須アミノ酸のひとつです。体をつくるタンパク質の組み立てになくてはならない、重要なアミノ酸といえます。体づくりに閲与し肝機能を高める効果があります。リジンの働きは多様にありますが、主に身体の組織を修復したり成長に関わる作用があります。

 

その他、細菌やウィルスに対する抗体、ホルモン、酵素を作る働きもあるほかブドウ糖の代謝を促進して集中力を高める、カルシウムの吸収を促進する、単純疱疹を改善予防する、弱った肝機能に活力を与えるなどの作用もあります。

 

リジンが不足すると疲労感がたまり諸症状があらわれる事もあります。例えば疲れやすくなって集中力が低下したり、目の充血、めまいや吐き気、貧血などの症状が出る場合や、コレステロールが増加する、肝機能が衰えるなどのケースもありますので注意が必要です。

 

上手な摂取方法

食品のタンパク質でもっとも制限アミノ酸になりやすいのがリジンです。米や小麦など穀類のタンパク質には特に不足しているので、動物性タンパク質とあわせて食べると良いでしょう。豆腐入り豚つくねは、リジンが豊富に含まれる肉と大豆製品を両方使います。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム