アリシン

アリシンの多い商品はニンニク!

ニン二ク特有の刺激臭のもとになっている成分で、におい成分は硫化アリルとも呼ばれています。アリシンは、アリインという物質にアナリーゼという酵素が作用すると生成されるイオウ化合物のひとつです。

 

ニン二クをすりおろしたときに刺激臭が強くなるのは、このアリインが生成されるためです。にんにく以外にも、ねぎやニラにも、よく似た酵素の入ったた成分が含まれています。抗菌,抗カビ作用を持ち

 

アリシンは生活習慣病を予防し抗菌作用がある

アリシンは、抗菌・抗カビ作用だけでなく菌やカビ自体を殺す作用があります。さらに、疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、代謝機能も高めるため、風邪の予防や改善に効果的です。

 

特にニンニクは、ビタミンB1とアリシンを含んでいるため、疲労回復には最適です。また、血中脂肪の燃焼を促しコレステロールを低下させ、血栓を予防する効果もあります。インスリンの分泌に作用したりと、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

ただし、食べ過ぎると腹痛や貧血の原因になることもあるのでバランスよく摂取することが大切です。

 

上手な摂取方法

アリシンはニンニクだけでなく、 ニラ、ねぎ、玉ねぎなどに含まれています。単品の料理にはあまり向かないので、薬味や料理のアクセン卜としてじょうずに取り入れましょう。ニンニクを効かせ、ニラ、ねぎを入れた餃子なら、アリシンを豊富に摂取することができます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム