αリノレン酸

αリノレン酸は体内で合成できない必須脂肪酸

αリノレン酸は、多価不飽和脂肪酸のひとつで、体内で合成することができない必須脂肪酸(不可欠脂肪酸)です。しそ油やえごま油などに多く含まれていますが、これらの油は酸化が早いため、早めに使い切るなどの注意が必要になります。

 

αリノレン酸の働き

αリノレン酸は、EPADHAに変換されアレルギーなどを予防する働きがあります。血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすはたらきを持つ脂肪酸にEPAやDHAがあります。αリノレン酸は、体内でこのEPA/DHAに変換されます。

 

すなわち、αリノレン酸を摂取すればDHAのはたらきが結果的に得られるというわけです。リノール酸の過剰摂取は、アトピーなどアレルギー症状の原因のひとつと考えられていますが、リノール酸の悪影響を抑制するはたらきが、αリノレン酸にはあります。

 

他にも、血圧を下げたり、血栓を防ぐなどの作用があり、生活習慣病の予防にも最適でしょう。また、最近の研究では、とくに大腸がん、乳がん、肺がんの予防や進行を抑えるのに効果的なことがわかりました。このように研究が進むにつれ、αリノレン酸の有効作用と害となる作用が、少しずつ明らかになつてきています。

 

αリノレン酸の過剰摂取について

摂取エネルギーに注意すれば問題ないとされています。摂取し過ぎたからといって特に問題はありません。

 

しかし、脂質は脂質ですので必要以上にとれば摂取エネルギーが上昇してしまいまい、肥満傾向にある人などは注意が必要です。いくらからだに有効だからといっても薬ではないので、ほどほどをこころがけましょう。

 

調理と食べ方のコツ

私たちの体に、さまざまな有効作用を与えてくれるひαリノレン酸。しそ油やえごま油を調理にとり入れ、その恩恵にあずかりたいものです。けれども、αリノレン酸を含む油は特に酸化しやすい特徴がありますので注意が必要です。

 

また、加熱する料理には向かないため、サラダやマリネなど生での使用がおすすめです。また、なるベく早く使い切るようにしましょう。古くなった油は、体内でがんの原因とされる酸化脂質を増やしてしまいます。高温や光の当たる場所に置かないよう、保存方法にも気をつけましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム