アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種で青紫の色素

アントシアニンは、ぶどうやブルーベリー、赤じそ、赤キャベツ、すいか、あやむらさき(さつまいもの品種)などに含まれる青紫の色素で、ポリフェノールの一種です。目の網膜にあるロドプシン(暗い所で物を識別するために必要な成分でビタミンA含んでいます)という視物質の合成を活性化させるため、眼精疲労や視力の回復、糖尿病による目の疾患など、目の健康に重要な役割を果たす成分として注目されています。

 

アントシアニンの働き

アントシアニンは、目の機能向上以外のにも様々な効果があることが分かっています。まず第一に、肝機能の向上作用です。あやむらさきのジュ?スを飲む実験で、特に初期の肝臓機能障害を持つ人に良い結果が出ました。また、血圧昇させる酵素のはたらきを弱めることも判明しています。

 

次に、血液サラサラ効果があることも分かっています。血液の凝固や血栓の生成を抑制する効果もあり、脳血管障害も予防するといわれ
ています。あらゆる角度から生活習慣病への対策に役立つので、今後ますま期待されるでしょう。

 

調理と食べ方のコツ

アントシアニンは、ブルーベリー酒やジャムにて常備すると良いでしょう。またアントシアニンは水溶性の色素なので、アルコールと組みあ合わせる事で吸収率が高くなります。ブルーベリーのジャムや赤ワインで煮詰めたブルベリーソースやジャム、ハイビスカスやバラの花のジャムなど作って常備すると良いでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム