アラキドン酸

免疫系や血圧調整などに作用し病気を予防改善します

アラキドン酸は、体内で合成することができない必須脂肪酸のひとつで肉や魚、卵など動物性脂肪に含まれ、γリノレン酸と同様、体内でリノール酸から合成されます。その後、免疫系機能の調整をする生体ホルモンの「プロスタグランジン2」に変換されます。

 

アラキドン酸から作られるプロスタグランジン2は、免疫系の機能を調節したり、血圧を調節したりと体に有効な作用をもたらします。また、胎児や出産直後の乳児の健康な発育に不可欠な物質であることも判明しています。

 

血液サラサラ効果、肝臓機能の向上、コレステロ ール値の低下、アレルギー改善など、全身のさまざまな症状の予防改善に役立ちます。しかし、過剰摂取になると、その反対に作用してしまうため、とりすぎには注意が必要です。

 

高齢者は体中で作られる量が減り、脳中の濃度が低下するという事例が報告されています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム