βカゾモルフィン

βカゾモルフィンとは

βカゾモルフィンは、牛乳のタンパク質成分であるカゼインが体内で分解される過程でできる、オピオイドペプチドとよばれるアミノ酸の集合体です。鎮静作用で知られてる成分です。同様な物質は、人の体内で作られています。

 

βカゾモルフィンは、母乳やミルクを飲んだ乳児がすぐにすやすやと眠ることに着眼した研究から発見されました。鎮静作用で精神を安定させる、苦痛をやわらげるなどの作用、インスリンを増加させる事によって血糖値の上昇を防ぐ作用、食物が小腸内にとどまる時間を長くすることによって、栄養分の消化吸収率を高める作用のほか、免疫作用にも深く関与することが明らかになりました。

 

上手な摂取方法

カゼインは、体だにとって有効な成分の多い牛乳。毎日とるよう心こころがけましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム