アスパラギン酸

アスパラギン酸の作用効果

アスパラギン酸は、体内で他の栄養素からも作られます。グルタミン酸と同じく、非必須アミノ酸です。もやしなどの豆類や野菜、牛肉や鶏肉などの肉類に多く含まれています。

 

有害物質を体外に排除し神搭系を守るなどさまざまタンパク質の合成に使われる以外に、新陳代謝やエネルギー代謝に関与する、ミネラルを運ぶなど、アスパラギン酸は体内でさまざまに作用します。
尿の合成を促進するはたらきがあるため、体内に残ると毒性を発揮するアンモニアを体外に排出し、中枢神経系を守ります。

 

また、アスパラギン酸が不足すると「疲れやすい体質」になったり「抵抗力が低下」します。スポーツ選手がアスパラギン酸入りのスポーツ飲料を摂取して、スタミナを増やした事例もあります。不足すると、疲労しやすく抵抗力も弱めます。

 

上手な摂取方法

アスパラギン酸は、身近な食品で効果的にとるのがベストです。例えば豆類、砂糖きび、アスパラガス、肉類のほか、なし、桃、ナッツ類など身近な食材に含まれるアスパラギン酸。調理によって加熱しすぎないように注意しましょう。豆類の中のオススメは「もやし」です。和え物なら毎日の献立にも気軽に組みこめます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム