カルニチン

カルニチンとは

カルニチンは、食物に含まれるほか、肝臓内で必須アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されます。カルニチンが脂肪の代謝をよくして効率的に燃やすため、コレステロールの増加も仰えられます。男性より女性、また、肥満ぎみの人に不足しがちという報告があります。

 

カルニチンは、体脂肪を燃やすのでダイエットに有効と言われています。脂質を筋肉に運んで代謝を調整し、中性脂肪と脂肪酸の燃焼を促進することから、体脂肪をためない効果あるのです。さらに適度な運動をあわせることで体重と体脂肪の増加が抑えられるため、ダイエット用の栄養補給食品にも利用されています。

 

カルニチンは、牛肉や羊肉などの動物性食品の筋肉や内臓に多く含まれています。しかも体を動かせば、ダイエット効果は効果はさらにアップします。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム