カロテノイド

カロテノイドは動物性の食品に含まれる色素成分

カロテノイドは、緑黄色野菜などの植物だけでなく、さけやかになどの動物性食品にも含まれる色素成分です。タカロテンに代表されるカロテン類と、ルティンなどが有名なキサントフィル類に分けられます。どちらも脂溶性で、カロテン類は炭素と水素だけでできていますが、キサントフィル類はそれ以外に酸素も少し含むという違いがあります。

 

カロテノイドの作用

カロテノイドは紫外線をシャットアウトし活性酸素を消去する作用があります。活性酸素を発生させる原因のひとつに紫外線がありますが、この紫外線から身を守るために動植物はさまざまなメカニズムを身につけているますが、カロテノイドもそのひとつです。

 

紫外線をシャットアウトするフィルターの役目を持っていて、人間が体内に取り入れても同様の働きをしてくれます。また、活性酸素を消去する強い抗酸化力もあり、発がんを抑制する作用があることなどが、最近の研究から明らかになってきています。

 

効率的な摂取方法

カロテノイドは複数の食品からまんべんなく摂取すると効果的であると言われています。また、油に溶けやすい性質を持っているので、油を使って調理すると吸収率がアップします。例えば、さけのムニエルに緑黄色野菜を彩りよく添えた料理などが最適です。動物性の食品に、植物性食品の両方から摂取できるのも特徴の一つです。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム