CPP(カゼインホスホペプチド)

CPP(カゼインホスホペプチド)とは

CPP(カゼインホスホペプチド)は、牛乳のタンパク質、カゼインがすい臓で分泌されるトリプシンによって分解されるとCPPが生じます。不足しがちなカルシウムをしっかり吸収させる効果があります。さまざまな栄養素の中でも、カルシウムは日本人に不足しがちな栄養素といわれています。CPPには、カルシウムや鉄などのミネラル分と結合して溶けやすくし、吸収率を高める働きがあります。

 

一方、CPPが不足するとミネラル分と結合しにくく諸症状がおこる場合があります。カルシウムが不足すると、骨がもろくなる、歯の形成が阻害されるなどのほかに、高齢期には骨粗鬆症になりやすいことが知られています。カルシウム吸収を助けるじCPPが不足することで陥りやすい症状といえるでしよう。

 

また、鉄が欠乏することにより、貧血、頭痛、めまいなどがおこりやすくなることもあります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム