クルクミン

美容にも効果のあるクルクミン

クルクミンは、ショウガ科の熱帯性植物でターメリックに含まれる黄色の色素です。肝機能の強化する作用やがんの予防効果、糖尿病予備軍の方にも効果的な成分です。(糖尿病患者と予備軍)

 

クルクミンは、ショウガ科の熱帯性植物でその根茎が世界中で利用されているターメリックに含まれる黄色の色素です。ターメリックはカレー粉の主要なスパイスとして有名です。沖縄では琉球時代からウコンと呼ばれ、健康に良い食材として親しまれています。

 

ウコンはお茶にして飲んだり、たくあんの着色などに活用されています。肝機能の強化だけでなく発がん抑制の効果にも注目されているウコンは、古くから胃腸障害に効く生薬として用いられてきました。主に、肝臓の機能を強化させる働きがあるのですが、主成分であるクルクミンの解毒作用と胆汁を分泌させる作用が大きく影響していると考えられています。

 

さらに近年では、発がんを抑制する効力があることも明らかになり、現在も抗がん作用に関する研究が進められています。クルクミンとその代謝物であるテトラヒドロクルクミンの抗酸化力が、糖尿病の合併症予防に効果的ではないかと注目されています。

 

食べ方のコツ

クルクミンが多く含まれているカレー粉を選ぶと良いでしょう。また炒め物や煮物など、いろいろな料理に活用してみるのも摂取しやすい方法です。どうしても日常生活で摂取できない人は、サプリメン卜で摂取も一つの手段ですが服用量を守る必要があります。肝臓の機能を強化するといわれていますが、過剰摂取は悪影響をおよぼすおそれがあります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム