一日に必要な栄養素

チロシンとは

チロシンは、神経や代謝にかかわるため体にとって非常に重要な成分です。体内で必須アミノ酸であるフェニルアラニンから転換され、神経伝達物質のアドレナリン、ノルエピネフリン、ドーパミンほか、代謝を左右する甲状腺ホルモンや、皮膚や髪の毛の色素であるメラニンの原料ともなります。メラニンの減少は白髪の原因にもなると考えられており、白髪が気になる人はぜひとも摂取しておきたい成分です。(白髪のメカニズム

 

チロシンは、主に神縵や代謝などをコントロールする作用があります。また、神経伝達物質の原料となるため、脳や神経のはたらきを活発にするといわれています。また、代謝を促進するはたらきのほか、脳の機能や行動にも影響をおよぼします。

 

チロシンが不足すると食べ物の代謝異常、脳機能や行動の障害が起こる可能性があります。チーズ、たらこ、大豆などに多く含まれているのでこれらの製品を日常から摂取することが大切です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム