フラボノイド

フラボノイドとは水溶性の植物色素

フラボノイドには、動脈硬化を予防する効果やがんを予防する効果があります。フラボノイドは、水溶性の植物色素でポリフエノールの一種で多くの植物に含まれる淡黄色〜無色の成分の総称で、ポリフエノールの一種です。

 

その種類は、実に4000以上もあり、フラボノール類、イソフラボン類る、カテキン類などに大きく分類され、その強力な抗酸化作用はいずれにも共通しています。

 

フラボノイドは、少量でも抗酸化力は抜群で動腺硬化にも有効的に作用します。野菜や果物に広く含まれているので、私たちは日常の食事から1日に数十〜数百mgのフラボノイドをとっていると考えられます。

 

フラボノイドが体内に吸収される量はわずかですが、少量でも抗酸化作用は威力を発揮します。たとえば、ワインに含まれるフラボノイドは、コレステロールが酸化される前に活性酸素を中和させるため、動脈硬化の予防に役立ちます。また、毛細血管を保護し、血圧を適正にコントロールする作用もあり、生活習慣病予防に有効です。

 

多く含まれている食品

緑茶、ぶどう、食用菊、そば、玉ねぎ、大豆、ブルーベリー、レモンなどなど、多くの食品に含まれているフラボノイド。それぞれの種類によって、作用も違ってきます。特定のものだけを摂取したい場合は、「イチヨウ葉エキス」など、サプリメン卜を活用するのもひとつの方法です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム