不溶性食物繊維とは

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維です。バンピの解消や有害物質を排泄する効果があります。

食物繊維のうち、水に溶けないものを不溶性食物繊維といいます。セルロース、ヘミセルロース、ぺクチン質、リグニンなどがあり、体内で水を吸収し数倍から十数倍にもふくらみます。

 

これが腸壁を剌激し、蠕動運動をさかんにし健全な排便をうながします。また、便そのものも水分をたっぷりと含むことになるので、やわらかく排泄しやすい状態になります。

 

不溶性食物繊維は腹持ちをよく健全な排便をうながす

主に不溶性の食物繊維を含む食品は、かまないと飲み込めません。咀嚼回数が増えるので他の食品よりも満腹感が得られ、胃に長く滞在するので腹もちをよくします。

 

健全な排便運動を促すので、便秘を予防し農薬や食品汚染物質などの有害物質をすみやかに体外に排泄。中でも発がん性物質を排泄する効果は注目に値されており大腸がん予防のための研究も進められています。

 

不溶性食物繊維の種類

グルカン

グルカンとは、グルコース(ブドウ糖)でできている多糖類を指します。特にきのこに含まれるβグルカンは、からだの免疫カを高め、生活習慣病を予防したり、腫痛を抑制したりする効果が知られ、医薬品も開発されています。

 

セルロース

穀類や豆類に含まれ自然な排便を促進させます。穀物の外皮に多く含まれ、毎日の食事の中でもっともとりやすい食物繊維です。消化液で消化されず、腸内で有害物質を吸着します。便の核となってかさを増やし腸壁を刺激して健全な便通をうながします。

 

リグニン

リグニンは、木質素ともよばれセルロースと緒に存在して、細胞壁を堅固にしています。野菜などやわらかい植物には少なく、ココア、豆類、ふすま、いちごゃラズベリ?の種、なしなどに多く含まれていて、胆汁液を吸着し排泄させます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム