γリノレン酸

リノール酸から変換される食品には少ない脂肪酸す。

体内でリノール酸か合成されてできる脂肪酸で、アラキドン酸へと変換します。別名ビタミンFと呼ばれ限られたエリアに生息する月見草の種子や一部の海藻、母乳などにしか含まれていないため、食べ物から摂取することはほとんどありません。通常はリノール酸を摂取することでγリノレン酸に変換することで、体内にとり人れます。

 

γリノレン酸の働き

重要な生理活性物質の材料で摂取することで多くの有効作用が期待できます。特に血圧やコレステロール、血糖値の低下や子宮収縮、気管支拡張など、私たちの体をコントロールする重要な生理活性物質のひとつである「プロスタグランジン1」と呼ばれる材料になることが分かっており、生活習慣病の予防、生理痛、アレルギー疾患などに有効だと考えられています。

 

糖尿病による神経症に対する治療効果や脾臓がんの進行を遅らせたという研究報告もあります。またEPAと同様に、免疫機能をアップさせ老化を遅らせるはたらきにも期待が寄せられています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム