グルタミン酸

アンモニアをグルタミンに変換する作用がありいます

グルタミン酸は、アスパラギン酸と同じく体内で作られる非必須アミノ酸です。グルタミン酸は、エネルギー代謝や窒素代謝に関与するため、潰瘍の治癒を早める、疲労や気分の落ち込みを軽くするなどの効果が期待出来ます。

 

また、体内から毒素を排出し脳や神経の症状を改善する効果もあります。グルタミン酸は、体内に入ると脳の機能を妨げるアンモニアをグルタミンという成分に変えるばかりか、尿の排泄を促進する作用により、アンモニアを体外にも排出します。

 

アルコール依存症を抑制、ED (インポテンツ)改善、統合失調症、認知症治療などの目的にも、好結果がみられる成分です。しかし、大量に摂取することで手足のしびれなどの症状も神経あると言われており、神経のたかぶりや神経症、幻覚、手足のしびれなどの症状が報告された例もあります。

 

上手な摂取方法

海藻、大豆、砂糖きび、アーモンド、ごまなどに多く含まれるグルタミン酸。化学調味料の旨み成分はこれを微生物を使ってブドウ糖から作ったものですが、インスタント食品などでは過剰摂取になりがちです。脳の機能を高めるなどの目的には、わかめや昆布など天然の食品がオススメです。化学調味料のとりすぎには注意しましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム