一日に必要な栄養素

ヒスチジンとは

発育に必要なヒスチジンは子どもは体内で合成できないため、必須アミノ酸の扱いとなります。ヒスチジンを多く含む食品は、かつお、いわし、さんまなどの青魚、牛肉、鶏肉、ハム、チエダーチーズ、ドライミルクなどです。

 

ヒスチジンは、成長に関わるほか、神経機能の補助の役割をはたします。ヒスチジンが分解され、変化したものであるヒスタミンには、外傷や薬といつた刺激で血管拡張やアレルギーをおこす作用があります。また、ヒスチジンには、慢性関節炎の症状の緩和、ストレスの軽減、性的エネルギーの亢進などのはたらきもあります。

 

一方、過剰に摂取すると喘息やアトピーの人は過敏反応に注意が必要です。アトピー性皮膚炎などの症状をもつ人は、ヒスチジンに対して過敏な反応が出ることも多いため、食べるのは控えてください。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム