イソロイシン

イソロイシンとは

イソロイシンとは、必須アミノ酸で、ロイシン、バリンとともに分岐鎖とよばれる構造上の類似点をもった、分岐鎖アミノ酸のひとつです。成長をうながし神経機能を補助する体の成長を促進したり、神経の働きを補助したりする作用のほかに、血管を拡張する、肝機能を高める、筋肉を強化するなどの作用もあります。

 

3種のバランスがぐずれると弊害がおこる
分岐鎖アミノ酸の3種のうち、どれかが多くなりすぎると、体重が減るなどの弊害が出ることがわかっています。そのため市販のBCAA飲料には3つともバランスよく含まれています。イソロイシンを多く含む食品は鶏肉、さけ、牛乳、プロセスチーズなどがあります。ひとつの食品に偏らずまんベんなくとるようにしましょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム