コラーゲン

コラーゲンとは?

コラーゲンは動物の結合組織に必ず含まれるタンパク質で、からだを構成するタンパク質の約1/3を占めており、細胞の外にあって、細胞同士をくっつける役目をします。熱を加えると凝固(ゲル化)する性質があります。

 

コラーゲンの働き

コラーゲンは皮膚の老化を防ぎ目の健き守る効果があります。皮膚の組成のうち水分以外の約70%がコラーゲンと言われています。皮膚のみずみずしさを保つ働きがあります。また、目の水晶体や角膜などにもコラーゲンが含まれ、目の健康も守る効果もあります。

 

また、血管を丈夫にする、出血を早く止める、脳神経の細胞に栄養を運ぶなどの働きがわかっており、がんやアレルギーに対抗する免疫機能を高める作用も期待されています。

 

コラーゲンが不足すると皮膚、内臓、骨などに影響が出やすく皮膚の老化、内臓機能の衰退、骨粗鬆症どの症状があらわれることもあります。

 

コラーゲンが多い食品

フカひれや動物の骨や皮、鶏の手羽にも多く含まれるコラーゲン。水に溶け込むため、鶏肉の手羽先やガラ、魚などを丸ごと煮込んで、煮汁ごと飲むのも効率よく摂取出来ます。固まつたゼラチン質がコラーゲンなので煮こごりもおすすめです。また、ビタミンCと鉄もあわせて摂取するた更に効果的です。また、意外と知られていないのがシラスです。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム