ロイシン

ロイシンとは

ロイシンは、免疫機能を充実させる必須アミノ酸の一つです。1日の必要量が必須アミノ酸のうちで最大となっていますが、幅広い食品に含まれているため、制限アミノ酸にあてはまることはありません。免疫機能を充実させ、他のアミノ酸とのバランスをとる特徴があります。

 

ロイシンは、肝機能を円滑化して筋肉を強化する効果があります。ロイシンには、肝臓のはたらきを高める作用のほか、からだに筋肉がつくのを助けて、筋肉を失わせないする働きがあります。疲れやすく、体調を整えたい人におすすめしたい栄養素といえます。

 

またロイシンは、他のアミノ酸とのバランスが大切です。多くの食品に含まれるロイシンですが、過剰に摂取すると、他のアミノ酸とのバランスがくずれて免疫機能が低下します。食生活が偏らないよう、注意が必要です。

 

上手な摂取方法

良い摂取方法は、肉類、魚類、穀類などまんべんなく食べることです。ひとつずつ摂取しても全体のバランスがとれなければ、かえって吸収効率が下がるのが必須アミノ酸の特徴です。ロイシンはレバー、あじ、牛乳、とうもろこし、牛肉、大豆、ほうれんそう、小麦粉、米など幅広い食品に含まれているので、ロイシンばかりでなく他のアミノ酸との関係もよくなります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム