リノール酸

体内で合成できない必須脂肪酸の一種

リノール酸は、体内で合成できない必須脂肪酸の一種です。多価不飽和脂肪酸の代表選手でサフラワー油、ひまわり油、マーガリンなどに多く含まれている成分です。コレステロールを下げる働きがあることから注目された成分ですが、摂取し過ぎると善玉コレステロールまでも下げる働きがあることもわかっています。

リノール酸の作用

リノール酸は、血液中のコレステロールを下げる働きがあることがわかっています。また、体内の必須成分でもあるアラキドン酸に帰ることもできる成分です。一方、血管壁に入り込んで酸化し動脈硬化を進行させる悪玉LDLコレステロールと一緒にコレステロールの掃除役として考えられている善玉コレステロールを下げてしまうといった面もあります。
動物性脂肪の飽和脂肪酸を減らして植物性のリノール酸に切り替えることは良いことですが過剰にやりすぎてしまうとそれれはそれで問題も出ますので注意が必要です。

 

過剰摂取だとどうなるの?

リノール酸の過剰摂取は善玉コレステロールを下げ動脈硬化のリスクを高めてしまいます。また、肺がん、大腸がん、前立腺がん、すい臓がんなどはリノール酸によって促進される友いわれているので注意が必要です。

 

 

食べ方のコツ

リノール酸は、その価格が安いため加工食品や外食産業などで多く使われています。つまり、普段何気なく生活をしているだけでリノール酸を摂取していることになります。また、酸化しやすいという性質からもスーパーやコンビニで売っている揚げ物などの加工品は、なるべく控えたほうがいいでしょう。自宅でサフラワー油やひまわり油を使用する場合も、なるべく早く使い切るようにする工夫も必要です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム