メチオニン

メチオニンとは

メチオニンは食品から摂取しなくてはならない必須アミノ酸のひとつで、シスチンと同じく、イオウを含む硫アミノ酸です。食品では、牛乳、チーズ、レバー、全粒小麦などに多く含まれています。

 

ヒスタミンの働き

ヒスタミン?度を下げ抑うつ症状の治療にも効果があります。体内に存在するヒスタミンは、けがや薬への反応から活性化してかゆみや痛みの原因となり、アレルギー症状をおこすこともある化学物質です。このヒスタミンの血中濃度を下げる効果があるのがメチオニンで、抑うつ症状の治療に即効性があることも知られています。

 

メチオニンが不足すると、利尿作用が衰えてむくみを生じるほか、コレステロール沈着や動脈硬化、抜け毛の原因ともなります。(メチオニン以外の要因もある!薄毛の本当の原因



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム