フェニルアラニン

フェニルアラニンとは

フェニルアラニンとは、神経伝達物質として脳と神経細胞の間で信号を伝達する必須アミノ酸です。刺激の伝達に役立ちバイタリティを生み出す作用があります。フェニルアラニンら生成されるノルエピネフリンとドーパミンは刺激を伝達し、精神を高揚させて、バイタリティ?を生み出します。

 

抑うつ状態の解消以外にも、ダイエツ卜甘味料や鎖痛?としても使われます。天然のL?フェニルアラニンと化学的に合成されたDL-フェニルアラニンは、鎮痛剤として使用され慢性的な痛み(股関節炎、リウマチなど)を軽減させます。これは脳内でモルヒネのような効果をもつエンドルフィンの産出によるものです。抗うつ効果があることも認められています。

 

また、フェニルアラニンを過剰に摂取すると血圧が高くなりすぎる恐れがあるため、妊娠中の女性、高血圧、心臓病の人は、鎮痛剤としての使用を医師に相談してください。

 

上手な摂取方法

肉類をはじめ、魚介類、卵、チーズなどに含まれるフェニルアラニンですが味と栄養のバランスを取るには脂肪分の少ない赤身ステーキがおすすめです。また、ビタミンB12と一緒に取ると、多発性硬化症、神経や筋肉の症状にも効果があります。特に神経や筋肉の症状にはビタミンB12と合わせて摂取すると良いでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム