ラクトフェリン

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンは、母乳や牛乳など哺乳類の乳、唾液、涙などの分泌液に含まれている糖タンパク質です。抵抗力の弱い乳児が感染症などにかかるのを防ぎますが、成人にとっても有益な作用を発揮することが分かっています。

 

ラクトフェリンは体内で鉄と結びついて微生物の繁確を抑える作用があります。微生物は体内の中で鉄と結びついて繁殖しますが、ラクトフエリンが先に結びつくことによって、有害な微生物が増殖できなくなるほか、大腸菌などの繁殖を抑える、免疫を強化する、炎症を抑制するなどの作用もあります。

 

上手な摂取方法

ラクトフェリンは熱に弱い性質のためサブリメン卜利用も効果的です。例えば熱処理された牛乳にはほとんど含まれません。他の乳製品においても同様で含有量が少ないため、食品からとるのは難しいです。効率的に体内に取り込むには、サプリメントとしてとるのが効果的です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム