リコピン

トマトに多く含まれる赤い色素成分がリコピン

リコピンとは、トマトやトマト製品に多く含まれる赤い色素の成分でカロテノイドの一種です。「トマトが赤くなると医者が青くなる」との言葉があるように欧州では健康成分として注目されているポリフェノールの一つです。

 

リコピンには、βカロテン以上の抗酸化作用があり、その力は2倍とも言われています。特にがん細胞の成長を抑える効果が高く、さまざまな実験結果が報告されています。また、紫外線による肌へのダメージを予防することもわかっています。

 



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム