セサミン

ごまの種子に含まれる強力な抗酸化物質

昔から「ごまは体にいい」といわれます。が、これはごま独特の成分であるゴマリグナンに含まれているセサミンの働きによるものです。ごまには、強い抗酸化力を持っていて、ミネラルやカルシウム、鉄分も含んでいます。ごま油が酸化しにくいのは、セサミンの抗酸化力のおかげと言われています。そのパワーは、体内でも威力を発揮してくれます。

 

またゴマは、強い抗酸化力だけでなく二日酔い防止にも効果的と言われています。ゴマには、アセトアルデヒドの分解を助け肝臓の負担を軽減する作用があるので、二日酔い防止にも威力を発揮します。

 

体中や食品に含まれる脂質が酸化することで生じる過酸化脂質は、細胞の老化やがん化の原因だと考えられており、この害となる過酸化脂質の生成を抑制してくれるのがセサミンの抗酸化作用です。

 

また、血液中のコレステロールを低下させる効果もあり、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも有効です。疲労回復、美肌、便秘、発毛などにも効果があるといわれています。

 

効率的な食べ方

ゴマに含まれるセサミンは極わずかしかありませんが、すりつぶしたほうが吸収率が高くなるので普通に食べるよりも胡麻和えなどのように調理したほうがより効果的にセサミンを吸収出来ます。また、ごま油を使うのもひとつの方法です。また、ビタミンEと組み合わせることでセサミンの吸収がアップすることが分かっています。どうしても、忙しい人はサプリメントからの摂取もひとつの手でしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム