脂質と脂肪酸とは?

脂質と脂肪酸はエネルギー元になり細胞や血液成分の元になる

三大栄養素の一つでもある脂質の主な構成成分が脂質酸です。脂肪は化学構造の特徴から、単純脂質、複合脂質、誘導脂質、に分類されますが、一般的に「脂質」と呼ばれている単純脂質を構成しています。脂肪酸は、動物性のバター、ラード、植物性の大豆油、菜種油、サフラワー油、オリーブオイルなどの脂質を構成する主成分です。

 

脂肪酸の働きって?

基本的に脂肪酸は、炭素と水素と酸素から成り立っています。この3つの結合の仕方でタイプや種類が別れてきますが、体内での働き方や性質は大きく変わってきます。構造的な違いから、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸にわかれます。さらに不飽和脂肪酸は体内で合成できる一価不飽和脂肪酸と合成できない多価不飽和脂肪酸にわかれます。ここは少しややこしいので以下の表を参考にしてください。

 

   

脂肪酸の種類

働き

飽和脂肪酸  

バルミチン酸
ステアリン酸
ミスチリン酸
ラウリン酸

血中の中性脂肪やコレステロールの増加

 

 

不飽和脂肪酸

 

 

 

一価不飽和脂肪酸 オレイン酸 血中のコレステロール低下

 

 

 

多価不飽和脂肪酸

 

 

 

リノール酸

血中のコレステロール低下
動脈硬化予防

γ-リノレン酸

血糖値、コレステロール低下
血圧低下

アラキドン酸

血圧調整、免疫系の調整
過剰摂取によるアレルギー性疾患の悪化

EPA

抗血栓作用、中性脂肪低下
脳血管障害、動脈硬化、高血圧予防

DHA

中性脂肪低下
脂質異常症予防、認知症予防
脳卒中予防

 

ここで特徴の一つとして、飽和脂肪酸は血液中のコレステロールを増やす働きを持っているのに対して不飽和脂肪酸はコレステロールを低下させる働きをします。脂肪酸は私たちのエネルギー源となる重要な成分であるとともに生活習慣病の原因にもなってしまうという側面も持ち合わせているのです。ですから、それぞれの働きを理解してバランスよく取ることが大切です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム