一日に必要な栄養素

スレオニンとは

スレオニンは、卜レオニンとも呼ばれている必須アミノ酸のひとつです。必須アミノ酸の中では最後に発見されましたが、動物の成長をつかさどる因子として見つけられ、研究が進められました。卵、七面鳥、ゼラチンなどの動物タンパク質に多く含まれています。

 

成長を促し脂肪肝を予防する

成長を促進する作用のほか、脂肪分の多い食事やアルコール飲料の飲み過ぎによって肝臓で脂肪が蓄積されるのを阻止して、脂肪肝を予防する働きがあります。穀類の栄養強化にも使用されます。

 

スレオニンが不足すると、成長阻害や食欲不振、体重減少、貧血などの症状が生じる場合もあるため、偏った食事になっていないか注意が必要です。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム