トリプトファン

トリプトファンとは

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつでタンパク質を合成するための材料として使用される成分です。肝臓、腎臓で分解されてエネルギー源となるほか、ビタミンのひとつナイアシンの原料にもなります。催眠効果や精神安定効果を期待する栄養補助食品として使用される面もあります。

 

トリブトファンは、脳や行動障害の治療に効果があり、トリプトファンからできる神経伝達物質のセロトニンは、天然の催眠剤や鎮痛剤として注目されています。さらにセロトニンが変化したメラトニンはアンチエイジング作用があるとも言われています。

 

しかし、過剰に取り過ぎると悪い面もあります。それは、肝臓に悪影響が出ることです。トリプトファンを過剰にとり続けると、肝臓で脂肪の変化させ肝硬変を招く可能性がありますので注意が必要です。

 

上手な摂取方法

上記でも触れましたが多く取り過ぎると悪い面もありますので、日常的に少しずつとることが望ましいです。卜リプ卜ファンを多く含む商品は、チーズ類、アーモンド、バナナ、高野豆腐、きな粉などです。食品なら過剰に摂取することも少ないので、日常的に少しずつとるのがおすすめです。栄養補助食品としてとる場合は、ビタミンB複合、ナイアシンと一緒に摂取すると良いでしょう。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム