バリン

バリンとは

パリンは必須アミノ酸のひとつで、レバー、子牛肉、ドライミルク、プロセスチーズなど数多くの食品に含まれています。ロイシン、イソロイシンと同じで、分岐鎖と呼ばれる構造上の類似点をもった、分岐鎖アミノ酸の仲間です。

 

成長や窒素バランスをする働き

体内に入ったパリンには、成長を促進する、血液中の窒素のバランスを調整するなどの働きがあります。分岐鎖アミノ酸は、3つともバランスよく摂取することが重要です。パリンは、ロイシンイソロイシンと同じ分岐鎖アミノ酸の仲間であり、お互いに補い合う働きを持っています。1種のみ多く摂取するとバランスがくずれ、体重が減少するなどの弊害が出ることが分かっています。



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

コレステロール メタボリックシンドローム