踏み台昇降運動でコレステロールを下げる

5分の踏み台運動が30分のウォーキングに匹敵!

現代生活では、車やエレべーター、パソコンなどの便利な道具のおかげで、私たちが体を動かす機会は減る一方です。

 

ほとんどの人が慢性的な運動不足といっても過言ではありません。これでは運動不足を一因とした高脂血症などの生活習慣病が激増しているのも当然といえば当然です。

 

そうした生活習慣病の予防や改善のためには、日常的に体をこまめに動かすことが必要です。そういつた観点からウォーキングの効果が提唱されていますが、なかなかつづかないといった声もよく耳にします。

 

そこでそんな人たちにおすすめしているのが踏み台昇降運動やその場足踏み運動です。踏み台昇降運動は、高さ20cmほどの台を上ったりおりたりする運動で、学生時代、体力テストで行った事のある人もいるのではないでしょうか?

 

この運動は実験の結果、踏み台昇降運動を5分間行ったときの消費エネルギーは125kcalにもなることがわかりました。これはウォーキングにすると20〜30分行った運動量に匹敵するものです。つまり踏み台運動の消費エネルギーはウォーキングの約5倍にもなるのです。やり方は至って簡単です。目の前に台を準備して乗り降りするだけです。以下の動画を参考にしてください。

 

参考動画

 

踏み台に上がるには、足を高く引き上げ、体重をかけて踏んばらなくてはなりません。この運動はまず腹筋に効きます。腹筋はあらゆる運動の基本となる筋肉ですが、通常のウォーキングだけではあまり鍛えることができないので、この点でも踏み台昇降運動のメリットがあります。

 

手軽にできる踏み台昇降運動はこんな方法で実行します

踏み台昇降運動に使う踏み台は、高さが20cmほどで、両足で乗って余裕のある大きさのものがよいでしよう。手ごろな台がない人は、段ボール箱などに詰め物をして作ってみてください。踏み台昇降運動は、「1、2、3、4」とリズミカルに、台の上り下りを繰り返します。スピードを上げる必要はありません。息は少し上がるものの、おしゃべりはできる程度の速さで十分です。つらく感じるようならスピードを遅くしてみてください。

 

ときどき、踏み出す足の順番を左お入れかえて行いましょう。時間は1回5分。にれを1日に2-3セットできれば理想的です。継続して持久力が付いたら、5分以上行ってOK!ダンベルなど錘を利用して行うのもおすすめです。

 

行う所は、力ーペットやじゅうたんが敷いてある場所もしくは畳の部屋が最適です。これは、足が床に着地するときの膝などへの負担を軽くするためです。板の間で行う場合は、下にマットのようなものを敷いたり、厚手の靴下をはくことをおすすめします。また、お年寄りや足が弱っている人の場合は、安全のために壁に手をつきながら上り下りをするようにしてください。

 

関連記事

トクホ(特定保健用食品)とは
通称トクホとは生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり、コレステロール、中性脂肪などを改善したり、お腹の調子を調整するなどの科学的に証明されている製品個々とです。また国(消費者庁)が許可した商品でもあります。

 

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた「健康サプリメント」です。
黒酢もろみ・発酵にんにく・卵黄油が1粒に凝縮!

 

 

 

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  


コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報