ごま成分セサミン効能

ごまの薬効成分セサミンがコレステロールを減らす

ごまにはコレステロールを低下させるごま特有のポリフエノールが含まれています。

 

ごまにはリグナン(ゴマリグナン)と呼ばれるポリフェノールが含まれていて、この成分がすぐれた抗酸化物質が含まれているのです。

 

ゴマリグナンは、セサミン、セサモール、セサミノール、セサモリノール、セサモリン、ピノレジノールといった主に6種類の成分の総称から成り立っています。これらのうちごまに最も多く含まれているのがセサミンなのです。

 

セサミンと聞けばCMなどでよく耳にするのではないでしょうか?

 

このセサミンの健康効果に着目して、ある実験結果があります。それは、高脂血症の患者さんを2つのグル?プに分け、一方のグループには「セサミンとビタミンE」を、もう一方には「ビタミンEのみ一を、それぞれ8週間にわたって服用してもらい、コレステロール値の変化を調べてみたのです。

 

セサミンの効果はビタミンEによって増強されるため、セサミンとともにビタミンEもあわせて服用したということです。その結果、ビタミンEのみを飲んだグループのコレステロール値はあまり変化がなかったのに対し、セサミンとビタミンEを一緒に飲んだグループは、総コレステロール値が平均9%も下がっていました。

 

さらに、セサミンとビタミンEを飲んだグループは、悪玉のLDLコレステロール値が16%も低下し、反対に善玉のHDLコレステロール値は約6%上昇したのです。このことから、セサミンは、単にコレステロール値を下げるだけでなく、HDLコレステロールをふやす2重の効果があることがわったのです。

 

セサミンとビタミンEの相乗効果

コレステロールが高いことで、問題になる血管系の病気に「動脈硬化」があります。この動脈硬化を予防するためには、LDLの酸化を防止をすることが大切です

 

そこで利用したいのが抗酸化物質です。ビタミンEは私たちが口にする代表的な抗酸化物質ですが、ポリフエノールの一種であるセサミンも、いうまでもなくすぐれた抗酸化物質の一つです。ごまには、この2つが豊富に含まれており、LDLの酸化を防ぐうえで大きな働きをします。

 

しかも、セサミンには、ビタミンEの働きを増強する作用もあることが明らかになっています。このように、セサミンとビタミンEをともに含むごまは、LDLの酸化抑制に大きな効果を発揮する食品といえます。

 

関連記事

コレステロールを下げる食材
実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬
『そろそろ健康診断か、そういえばコレステロールが気になっていただ・・・今すぐ何とかしたい!!』そんな方にオススメの方法が食物繊維の摂取です。手っ取り早くコレステロールを下げるのなら食物繊維を多く含んでいる食品を積極的に摂取することです。

 

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報