抗酸化物質と動脈効果

活性酸素による酸化の防止と抗酸化物質

近年、動脈硬化を起こす人きな要因が、悪玉のLDLコレステロールの酸化にあることがわかってきました。その酸化の張本人が活性酸素です。

 

この活性酸の酸化攻撃をかわすには、杭酸化作用で対抗します。抗酸化作用とは、活性酸素を除去し、酸化を止める作用のことです。

 

本来、人間の体には杭酸化作用を持った物質が備わっています。そうした代表的な物質としては、SODと呼ばれる酵素やいくつかのタンパク質、脂溶性のビタミンEやベータカロチン、水溶性のビタミンCやグルタチオンなどがあげられます。

 

これらの杭酸化物質によって体内の活性酸素は無毒化されているのですが、そうした杭酸化物質は、体内で合成されないものもあるうえに、体内でつくられるSODのような杭酸化酵素は、年齢とともにその量が減ってきます。そこで、積極的に杭酸化食品をとることが必要になってきます。

 

天然の抗酸化物質の多くは主に植物性の食品に幅広く含まれています

抗酸化物質の大部分は食物からとり入れられます。抗酸化作用は、さまざまな食物にみられますが、大然の抗酸化物質は、野菜や果物、緑茶など、特に植物性の食品や飲料に多く含まれています。

 

天然の抗酸化物質としてまずあげられるのが、ビタミンCとビタミンEです。ビタミンCは、よく知られているように果物や野菜に豊富です。同じくビタミンEは豆や穀類の胚芽、ナッツ類、それらを原料にした植物油などに多く含まれています。(ナッツ系が脳血管を強化!

 

植物の黄色や赤の色素成分であるカロチノイドにも強い抗酸化作用があります。このカロチノイドは、カロチンとキサントフィルの2つに大別されます。にんじんやほうれんそうなど緑黄色野菜などに多いターカロチンや、 トマトに多いリコピンはカロチンの仲間です。卵黄の色であるルテインやとうがらし、赤ピーマンに含まれるカプサンシンは、キサントフィルに分類されます。

 

赤い魚介類の色素成分のアスタキサンチンもキサントフィルです。これらの色素成分はいずれも、すぐれた抗酸化物質です。

 

ポリフエノールに強力な抗酸化作用があり

特に強い抗酸化作用を持った物質として、近年注目されているのがポリフエノールです。ポリフエノールとは、植物の葉や花、花粉、茎、樹皮などに多く含まれている、光合成によってできた色素や渋み、苦みの成分の総称です。(詳細はコチラ⇒ポリフェノール

 

ごまに含まれるリグナンや、大豆や玉ねぎに含まれる白い色素成分のフラボノイドなどが、ポリフェノールの一種です。お茶の苦み成分として知られるカテキンや、いちごやぶどう、なす、いんげん豆などに含まれる赤や紫の色素の主成分であるアン卜シアニンもフラボノイドです。いずれもすばらしい抗酸化力を誇ります。こういった成分を食事などでじょうずにとることが、体の酸化を防ぎ動脈硬化を予防する上で重要になります。

 

関連記事

紅茶の効能

紅茶の抗酸化作用は、力テキンやテアフラビンなどの物質によるものです。特にテアフラビンの抗酸化力は非常に強力で別名スーパーカテキンとも呼ばれています。そして好都合なことにテアフラビンは、悪玉コレステロールだけを低下させることがわかっています。

 

 

 

コレステロールを下げるお茶

お茶(緑茶)にはカテキンと呼ばれる成分が多く含まれています。そのカテキンという成分が私達の体にとってすばらしい効果を発揮します。

 

 

 

赤ワインの効果

赤ワインには活性酸素の害を抑えるポリフエノールという物質が豊富に含まれています。そのほか、力テキンやフラボノイドなど多くのポリフエノールが豊富に含まれいて、赤ワインは別名ポリフェノールの宝庫とも呼ばれています。

 

 

 

納豆は血栓を溶かす特効薬
身近な和食といえば納豆かもしれません。しかしこの納豆には驚くべき効果があります。実は、納豆には血液をサラサラにする成分が多く含まれていてその成分は血栓を溶かす作用があることがわかっているのです。そしてより効果的にその成分を利用するためには夜に食べるのが効果的であります。その理由とは・・・

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報