コレステロールを下げる薬

コレステロールを下げる薬

悪玉コレステロールを下げる方法は、まずは食事療法です。(コレステロールを下げる食事)次に運動療法ですが、それでもコレステロール値が改善しない場合は、医師の判断により飲み薬による薬物療法を行います。

 

医師は、患者さんが脂質異常症以外にどれだけ動脈硬化の危険因子を持っているかを判断して薬物療法を開始します。(ちなみに、脂質異常症そのものは軽くても糖尿病や高血圧などの危険因子がある場合も開始します。)

 

薬は一生の付き合い

 薬物療法は薬の力で脂質ちを正常にする治療方法です。このため多くのケースは、薬を飲み続ける必要があります。

 

しかし、食事療法や運動療法でコレステロール値に改善が見えた場合には医師の判断により薬の服用を辞める場合もあります。

コレステロールを下げる薬の副作用に気をつける

現在、脂質異常症の薬には多くの薬があります。そして、その効果は人によって異なってきます。

 

薬を服用する上で特に気をつけないといけないのが「副作用」の存在です。一般的に、効果の大きい薬ほど副作用も現れやすいと言われています。

 

医師は患者さんに対して薬物療法を始めると、「薬の効き方や副作用」を調べるために一ヶ月に一回(少ない場合でも3ヶ月に一回)の定期検査を行います。定期検査は採血をして、毛中脂質の推移や副作用の確認を行います。この検査の結果によっては、薬の量などを調整します。

 

脂質異常症の薬は非常に安全

一般的に脂質異常症の薬は長期的に服用することを考慮して作られていますので非常に安全な薬ばかりです。また副作用が現れる頻度もそれほど高くないと言われていますし、かりに副作用が出た場合も命に影響する重大なものはありません。

 

服用開始後一週間は気をつける

服用する薬の種類よって異なりますが、脂質異常症の薬で共通して現れやすい副作用に、腹痛、吐き気、胃のもたれ、下痢などがあります。そしてこれらの症状は薬を飲み始めて比較的早い段階(一週間以内)で現れるたされています。もし、このような症状が出た場合は、医師に相談しましょう。

 

また、肝機能にも十分注意しましょう。上記に上げた副作用の次によく見られる症状が肝機能障害です。肝機能障害は、血液検査でおこわなわれるGPTやGOTなどの数値で判断出来ます。このような変化は、薬服用後三ヶ月以内に現れるケースがほとんどです。

 

薬を服用して、初めの一週間と3ヶ月位内は特に気をつけ定期検査もしかり行いましょう。3ヶ月を超えると比較的安心して服用できます。

 

一番大事なことは

一番大切なことは、言うまでもなく『薬に頼らない方法』を選ぶことです。それは、食事療法運動療法です。あくまでも薬でコレステロール値を改善する方法が最終手段として考えなければなりません。(悪玉コレステロールを下げるサプリ

 

例えば、食事療法でしたら青魚に含まれるEPAという物質を取ることで改善できることが解っております。さらの日々の生活で摂取しにくい場合は、特定した成分を含んだトクホ(特定保健用食品)と呼ばれる商品も販売されていますので、このゆな商品を積極的に摂取することもひとつの手段です。このように、食生活習慣を変えていくことが最も重要なことです。

 

たとえ薬を服用しても、食生活の改善で薬を止めてもいい状態に改善する可能性があるからなのです。

 

関連記事

動脈硬化について
高コレステロールが大きな原因となる動脈硬化について解説しているページです。厚生労働省の発表によると、わが国における死因のワーストスリーの中に血管系の病気が2項目あります。そしてこの血管系の病気の要因とも言えるのが動脈硬化なのです。

 

 

 

コレステロールと食事量の改善
実は意外と知られていないのですが、コレステロールの約8割は体内で生成されています。コレステロールを下げるには、コレステロールが多く含まれている食べ物だけを控えればいいと思われがちです。 しかしこれだけでは不十分なのです。

 

 

 

脂質の種類、油はバランスよく摂取する
「脂質(油脂)はコレステロールをふやし、動脈硬化を促進させる悪者」と認識している人がいますが、これは誤りです。また、量だけでなく摂取する脂質の内容も動脈硬化の原因にかかわっています。

 

 

 

 

トクホ(特定保健用食品)とは
特定保健用食品、通称トクホとは身体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり、コレステロール、中性脂肪などを改善したり、お腹の調子を調整するなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている国(消費者庁)が許可した商品でです。トクホは健康が気になる方、健康を維持していきたい方を対象にしている食品です。一般的な医薬品とは意味合いが違いますので、病気の治療目的には使用するものでもありません。

 

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。





コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報