脂質異常症の薬

薬物治療は食事療法で効果がない時に医師の判断で行います

薬物療法は、飲み薬の服用による治療法です。食事療法や運動療法、生活の改善を十分につづけても脂質値が改善しない場合に、医師の判断と指示で薬物療法を始めます。医師は、患者さんが脂質異常症以外にどれだけ動脈硬化の危険因子持っているかをを検討して判断します。ちなみに、脂質異常症そのものは軽くても、糖尿病や高血圧など危険因子がある場合は薬物療法を始めます。

 

脂質値が異常に高い人や、家族性高脂血症の人は、かなり早い時期から、場合によっては脂質異常症と診断された時点で始める場合もあります。

 

薬物療法は一生つづけます

薬物療法は、薬の力で脂質値を正常に保つという対症療法で、どれほど長い問、脂質値を適正値に保てるかが重要なポイントです。このため、多くの場合、薬を飲みつづける必要があります。ただし、食事療法や運動療法、生活の改善を正しく行うことで薬の服用が不要になることもあります。

 

薬物療法の本質

動脈硬化の発症を抑えるために、薬を使ってでも脂質値を下げようというのが、薬物療法の本質です。出来れば食事療法で下げるのがベストですが、必ずしもすべての方が下がるわけではありません。また十分な食事療法とは、おおむね3〜6ヶ月程度です。

 

一般的に、定期健診などで初めて見つかる程度の脂質異常症であれば、約3力月は食事療法などを行って血中脂質の推移を観察します。それでも血中脂質値に改善が見られない場合に、薬物治療を行うケースが多いです。

薬による治療法について記事一覧

脂質異常症の薬物療法は医師と十分に相談する

薬物療法では、コレステロール値と中性脂肪値の両方が高いと、いくつかの薬を同時に服用することがあります。合併症がある場合は、脂質異常症の薬に加えてさらにさまざまな薬を飲むことになります。このため患者さんは、多くの薬を飲むことに不安を覚えることもあるでしょう。そこで、医師から薬物療法を指示されたときは、...

≫続きを読む

脂質異常症の治療はあくまでも食事療法がメインです

最近の脂質異常症の薬は非常に効きめがよくなっています。しかし、薬があるから大丈夫とばかりに、食生活など生活面での改善をおろそかにしてはいけません。薬物療法は、あくまで補助的な方法です。治療の基本である食事療法や運動療法などをしっかり実行しながら服用することで、初めて十分な効果を発揮してくれます。特に...

≫続きを読む

脂質異常症治療薬と副作用について

脂質異常症の薬にはさまざまな種類があり、その治療効果は人によってかなり差があります。またどんな薬でも、ある程度の副作用はつきものです。一般的に、効果の大きい薬ほど副作用もあらわれやすいものです。そこで、患者さんが薬物療法を始める、医師は患者さんに処方した薬の効き方や副作用を調べるために、一ヶ月に1回...

≫続きを読む

脂質異常症治療薬と合併症について

脂質異常症では、その他の合併症を持っていて、すでにその合併症の薬を何種類も常用している人がかなりいます。また、持病などがあり、その治療薬を服用している人もいるでしょう。このようにさまざまな治療薬を一度に使うときには注意が必要です。薬の飲み合わせによっては、薬の効果がなくなったり、薄れたり、効果が強く...

≫続きを読む

コレステロールを下げる薬

脂質異常症の治療薬にはさまざな種類があり、主にコレステロールに効果のあるものと中性脂肪に効果のある薬に大別されます。どの薬も、それぞれに特徴があり、どんな効果があるかも分かっています。大別される薬のうち、主にコレステロール値を下げる薬についてですが、特に悪玉のLDLコレステロールを減らす効果がすぐれ...

≫続きを読む

コレステロールを強制的に下げる特殊治療

コレステロール値を下げる新しい治療法に、LDLアフェレーシス(LDL分離除去)があります。これは薬物療法ではなく、特殊な装置で血液中のコレステロールをしようというものです。いわば腎臓病の人工透析のようなものです。方法は、まず血液を血漿分離装置に入れて血球と血漿に分けます。血漿のほうをさらにしLDL分...

≫続きを読む

他の薬が脂質異常症を招く

血中脂質値が上がる原因のひとつに、ある種の薬の服用があります。そんな薬としては、次にあげるようなものがよく知られています。サイアザイド系利尿剤尿の量を増加させ腎臓からのナトリウムの排泄を促進し血圧を下げようとす高血圧治療薬に利尿剤があります。この利尿剤には作用の面から3つのタイプがあり、その中のひと...

≫続きを読む


コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報