脂質異常症治療薬と副作用

定期検査や診察は必ず受けましょう

脂質異常症の薬にはさまざまな種類があり、その治療効果は人によってかなり差があります。またどんな薬でも、ある程度の副作用はつきものです。一般的に、効果の大きい薬ほど副作用もあらわれやすいものです。

 

そこで、患者さんが薬物療法を始める、医師は患者さんに処方した薬の効き方や副作用を調べるために、一ヶ月に1回、少なくとも3力月に1回、定期検査を行って採血して血中脂質の推移を見たり、副作用をチェックします。

 

そのうえで、場合によっては、医師は、薬の量や強さを調節する事があります。決められた定期検査や診察は、このような意義があるので、患者さんは必ず受けてください。

 

脂質異常症の治療薬は非常に安全です

脂質異常症の薬は、長期にわたって服用することを考慮して作られているので、きわめて安全な薬ばかりです。副作用があらわれる頻度はそれほど高くあはありませんし、副作用があっても生命に関わるような重大なものはまありません。

 

正しく服用すれば、たいていは問題にするほどではないのです。薬が必要なのに副作用が心配だから飲まない、といった姿勢は得策ではありません。

 

甲状腺機能ほ下症にはまず治療

甲状腺機能低下症でコレステロール値が高くなっている場合は、脂質異常症の薬を服用するより、甲状腺機能低下症の治療を行って、甲状腺の働きを改善することのほうがコレステロール値を下げるのに有効です。

 

薬の服用開始後1週間は体調に気をつける

種類によって多少違いますか、脂質異常症の治療薬に共通してあらわれやすい副作用は、胃が重い、腹痛、吐きけ、軟便、下痢などの胃腸症状と、発疹などです。これらの症状は、薬を飲み始めて比較的早い時期にあらわれます。服用開始後1週間くらいは、患者さんは自分の体調に気をつけるようにします。

 

もし、体調に変化があったり、いつもと違う気になる症状が出たりしたときは、できるだけ早く主治医(担当医)に連絡をとり指示を仰いでください。

 

また肝機能障害にも十分注意し定期検査でチェックしてもらいましょう。胃腸症状や発疹などに続いて多く見られる副作用の症状として肝機能障害があります。肝機能障害は、血液検査で肝機能の目安になるGPTやGOTなどの酵素の数値が上がることでわかります。

 

こうした変化は、飲み始めてだいたい3力月以内に見られます。この期間は自分の体調に十分な注意を払い、定期検査の際はきちんと医師の質問に答え、血液検査を受けるようにしましょう。三ヶ月を過ぎると特に問題はなく、比較的安心して服用できます。

 

通販でも購入できる薬⇒リピトール(Lipitor)

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top