コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールと中性脂肪はどちらも脂肪

コレステロールも中性脂肪も実は、どちらも脂肪です。実は、体内には、これら以外にも脂肪酸とリン脂質と呼ばれる合計4種類の脂肪が存在します。少し難しい話になりますが中性脂肪は、脂質の一種である脂肪酸3つとグリセリンという物質が結びついて構成されています。

 

そもそも中性脂肪は、エネルギーの貯蔵庫という役割があります。私たちの活動エネルギー源は、主に糖質ですが糖質が充分でない場合や活動量が急激に増えた場合、中性脂肪をエネルギーとして使用します。ですから、中性脂肪が全くないのもそれはそれで問題なのです。

 

中性脂肪は分解する

前述したとおり、中性脂肪は脂肪酸とグリセリンとが結びついて出来上がったものです。これは、エネルギーの貯蔵庫としての役割の時のみ、中性脂肪という状態にあるのです。激しい運動など体内の緊急時(エレルギーを大量に使うとき)は、中性脂肪は再び脂肪酸の状態に分解することが来るのです。この時の脂肪酸を中性脂肪から遊離したという意味で遊離脂肪酸とよばれます。

 

ようするに、中性脂肪は貯蔵用エネルギーなのです。

 

コレステロールの役割

コレステロールとは?でも少し触れていますが、コレステロールの最大の役割は細胞膜を構成する成分になっているということです。細胞膜は、コレステロールとリン脂質からできています。構成成分であるコレステロールが不足すると、細胞膜が弱くなりウィルスや化学物質が体内に侵入してきた時に予防することができなくなります。

 

また、ステロイドホルモンの材料になることもコレステロールの重要な役割です。ステロイドホルモンには、副腎皮質ホルモン、性ホルモンがあり副腎という臓器で製造されます。副腎皮質ホルモンはタンパク質や脂質の代謝に関わったり炎症などをコントロールしたり非常に重要な役割を担っています。性ホルモンは、男性ホルモンや女性ホルモンのことで男性らしさや女性らしさ保つために重要なホルモンです。

 

胆汁酸の原料はコレステロール

胆汁酸とは、消化液のことでコレステロールを原料に肝臓で作られています。(食物繊維は胆汁酸を排出して短期間でコレステロールを下げる成分)胆汁として十二指腸で分泌された胆汁酸は、食事で摂取した脂肪分の消化や吸収を助けます。胆汁酸は役目を終えた後、再び小腸で吸収されて胆汁として再利用されます。要するに循環しています。

 

中性脂肪とコレステロールの関係

以上が中性脂肪とコレステロールの違いでした。それぞれ、役割は違いますがどちらも重要な働きがあるのです。では、この2つの関係はどうなのでしょうか?実は、血液中の中性脂肪が多くなると、通常しれに反比例するように善玉コレステロールが減ります。また、血液凝固に関係する物質が増えたり、悪玉コレステロールが小型化して参加されやすくなると言った関連性もあるといわれています。

 

そして、実際に中性脂肪の高い人にコレステロール値が高い人が多いいと言われています。いわば中性脂肪が減ると善玉コレステロールが増えるというシーソー関係にあるのです。

 

中性脂肪にも気を使う必要性

 

関連記事

適度の飲酒はコレステロールを下げる
善玉コレステロールを増やす方法の一つに、適度な飲酒という方法があります。意外かもしれませんが、適度のアルコール摂取が効果を発揮します。また、お酒の種類によっても効果は変わり特に焼酎は血栓を溶かす作用があります。

 

 

善玉コレステロールを増やす方法
基本的に、善玉コレステロールは運動で増えます。しかし、ある食品からでも善玉コレステロールを増加させるものが近年発見されています。あるものとは??

 

 

 

魚の油がコレステロールを下げる
いわし、さば、さんまなどを代表する青魚にはコレステロールを低下させる作用があります。それは青魚に含まれるEPAとDHAが一役買っているのです。EPA/DHAは身体にどんな効果をもたらすのでしょうか?

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報