メラノイジンがコレステロールを抑制

メラノイジンがコレステロールを抑制、活性酸素も除去!

食品に含まれる褐色の色素の一種に、メラノイジンというのがあります。このメラノイジンは食物繊維に似た性質を持ち、次にあげるような、さまざまな働きで私たちの健康を力強く支えてくれます。

 

余分なコレステロールを排出する

食物繊維と同じような働きがあるため、腸内で余分なコレステロールを吸着して、外に出してくれます。総コレステロール値を抑えることるので、高脂血症や高コレステロール血症、動脈硬化の予防につながります。

 

血糖値の上昇をゆるやかにする

メラノィジンには血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあるため、糖尿病を予防改善する改果を大いに期待できます。

 

腸内の善玉菌をふやす

腸内には多くの細菌がすみついていて、それらは体に好影響を与える善玉菌と、有害な悪玉菌に大別できます。肉類など高タンパク、高脂肪の食事に偏ると、悪玉菌がふえてきて大腸ガンの原因にもなりかねません。メラノイジンには、この悪玉菌を駆逐して善玉菌をふやす働きがあります。

 

活性酸素を除去する

メラノイジンは活性酸素を除去する抗酸化作用にすぐれています。体内に活性酸素がふえすぎると細胞膜を酸化して、過酸化脂質という有害物質をつくります。これが細胞膜にふえると、その細胞はガン化しやすくなりますが、メラノイジンが過酸化脂質の生成を抑えるので、ガン予防に役立ちます。メラノイジンは、食品の中でもコーヒーやみそなどに特に多く含まれた、ありふれた食品ですので、日々の食生活に上手く取り入れたいものです。

 

関連記事

卵はコレステロールを上げない
卵は確かにコレステロールの高い食品ですが、ある研究結果ではそれほど高コレステロールを引き起こす要因にはならないことも分かっています。

 

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた200年の伝統製法「実力派サプリメント」です。感動の黒酢体験で体質を改善しませんか?

 

 

 

 

なぜ油はバランスよく摂取しないといけないのか?
油脂は摂取エネルギーの25%以下に抑えて、バランスよく摂取すればコレステロールは増えまえん。全く摂取しないのも問題で、極端に取らないと最悪糖尿病になりやすくなります。

 

 

 

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

植物性と動物性のバランスはなぜ大事?
植物油にある不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、摂取量を適切に守れば善玉HDLコレステロールをふやす働きがあります。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報