メタボで進行する動脈硬化

メタボでなぜ動脈硬化は進行するのか?

メタボではどうして動脈硬化が促進されるのか、LDLコレステロールが酸化を受けた酸化したコレステロールが超悪玉コレステロールといわれるゆえんは、血管壁の中にどんどん取り込まれてしまうからです。(動脈硬化の症状はなかなか気がつかない

 

人間の体内でも酸化現象が常に起きています。癌やしみ、しわなどの老化現象の原因でもあります。白内障も紫外線によって水晶体が酸化したものです。LDLコレステロールは、体内に活性酸素が多く存在している場合に酸化を受けやすいかといわれています。呼吸などで取り込まれた酸素の約2%が活性酸素になりますが、体内に備わっている抗酸化物質SODなどの酵素により不活化されます。

 

またストレスや喫煙、排気ガス、紫外線、過激な運動、などによっても活性酸素は増えることが分かっています。ビタミンCなどの抗酸化物質を含んだブロッコリーなどの食物を多く摂取していると酸化が抑えられますので積極的に抗酸化物質を摂取するとよいでしょう。

 

中性脂肪値が高いとし酸化しやすい

LDLコレステロールが酸化をしやすくなる最大原因は、LDLの粒子が小さくなることです。粒子が小さいと、大きさに対しての表面積が大きくなるので酸化を受けやすくなるからです。また、小さいと血管壁の隙間からも侵入しやすくなります。一般に中性脂肪の値が高いと粒子が小さくなるといわれます。

 

血糖値が高いとLDLコレステロールが糖化する

血糖値が高いと、LDLコレステロールに糖がくっついてしまいます。この糖化LDLは極めて酸化を受けやすいと考えられています。血糖値が高いと活性酸素も増えます。活性酸素を消去するSODも糖化を受け、その作用が弱まります。さらに糖尿病の場合、一般に中性脂肪値も高い方が多く粒子も小さくなっているので一層、血管壁の中に取り込まれてしまうことになります。

 

メ夕ポの基準の中にHDLコレステロールも入っていますが、HDLコレステロールは血管壁に溜まったしLDLコレステロールを肝臓に運び、胆汁として体外に排泄させる役目を持っています。血管の中に溜まったコレステロールを取り除けるのはHDLコレステロールだけです。HDLコレステロール値と冠動脈疾患合併率の間には密接な関係があります。

 

また補助項目に喫煙の場合ですが、喫煙は活性酸素そのものが体内に入ってきます。一つの例ですがタバコ4本吸う事で1日に必要なビタミンCがすベて失われてしまうと言われるほどです。タバコを吸うと、一酸化炭素により、内皮細胞が酸欠になることも、機能を弱める原因になります。さらに、喫煙は血管の痙攣を招き、内膜を損傷し、梗塞そのものの誘因にもなります。

 

ストレスや過激な運動も活性酸素を体内に増やします。動脈硬化の危険因子と言われているものは、多くは酸化と関連しています。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top