内臓脂肪と糖尿病

内臓脂肪と糖尿病

内臓脂肪が増えると、血糖を下げるホルモンであるインスリンの働きを悪くするホルモンが内臓脂肪自身から多く分泌されるようになります。このため、メタボは糖尿病に大きく関係します。また、内臓脂肪が増えると皮下脂肪でつくられるアディポネクチンというインスリンの働きを良くするホルモンの産生も減ります。このようにして、インスリンの働きが二重に悪くなることで、すい臓でのインスリン分泌を多く行い血糖値を下げようとします。このような現象のため、内臓脂肪が増えた初期のころは空腹時の血糖値上昇はあまりみられません。(インスリン分泌が減る原因

 

しかし、このような状況が長く続くとインスリンの産生能力が落ちてしまい、ある段階で急激に血糖値が上昇します。この時点が糖尿病の発症と考えられます。現在は肥満でなくても過去に肥満歴のある方が糖尿病になりやすい背景には、このようなすい臓の疲弊が関係しています。肥満のあった時期にすい臓にかけた負担が後からのしかかってくることになります。糖尿病を発症した方の健診結果をさかのぼってみてみますと、10年くらいの期間で徐々に血糖値が徐々に上がり、ある時期に急激に上がる現象がしばしばみられます。親族に糖尿病の方がいる方の8割が糖尿病になりやすい体質を受け継いでいるとも言われます。
糖尿病になりやすい体質とは、食後に分泌されるはずのインスリンが分泌されない体質です。そのため空腹時の血糖値は正常でも、食後の血糖値が高くなりやすい状況になります。それでもインスリンの作用が普通であれば、食後の血糖値も上がらないのですが、すこしでもインスリンの効きが悪くなると食後の血糖値が上昇してしまいます。

 

そして、高くなり過ぎた血糖値を下げるため、より多くのインスリンを分泌し過剰分泌状態になります。この悪循環ですい臓の疲弊も早まることになります。また、インスリンには脂肪を蓄える作用もありインスリン過剰分泌になると、内臓脂肪型肥満も加速されてしまいます。

 

糖尿病にはは生活習慣が関与する2型糖尿病と、生活習慣と全く関係なく1型糖尿病に分けられます。日本における糖尿病患者の多くは2型です。つまり生活習慣に起因する糖尿病なのです。

 

予備軍と呼ばれる境界型糖尿病

糖尿病予備群と呼ばれる方は、厚生労働省の調査では約1320万人程度いると推定されており。この中から、毎年数%の方が糖尿病に移行すると言われています。この境界型を糖尿病の前段階だと軽視して考えている人が多くいますが、これは大きな間違いです。糖尿病予備群自体が動脈硬化を進展させる、とても危険な状態だということを理解しなければなりません。

 

同じ糖尿病予備群でも食後血糖値が高い人のほうが、食前血糖値のみが高い人よりも危険ということが明らかになっています。メ夕ポでは空腹時血糖値が正常でも、食後血糖値が異常に高くなることが少なくありません。糖尿病の25%、糖尿病予備軍60%は空腹時血糖値が正常であることが明らかになっています。

 

糖尿病の20%は空腹時血糖が境界型の値を示し、糖尿病とは診断されません。食後血糖値だけが高い状態になっているため空腹時に検査を行うと、見逃されるケースも有りますので隠れ糖尿病、隠れ糖尿病予備軍と呼ばれています。

 

糖尿病の合併症のうち、神経障害は境界型の段階から進行することが、最近明らかになってきました。「予備軍だから、まだ大丈夫」とは、決して考えないでください。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top