内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪が危険な理由

私達が生活して行く上で過剰なエネルギー摂取は脂肪として貯蓄されます。そしてその脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に大別されていきます。内臓脂肪とは運動すると一番最初に燃焼され、食べ過ぎるとまず溜まるのが内臓脂肪です。

 

内臓脂肪というのは、内臓周囲に付着する脂肪で腸を支えている腸間膜などに付着している脂肪のことです。同じ腹腔内であっても、腎臓や膀胱の周囲の脂肪は下大静脈に注ぐため、影響は少ないので内臓脂肪には含めません。また、内臓脂肪は細胞分裂ができないので、1つの細胞が風船のようにどんどん大きく膨らみます。

 

このような大型脂肪細胞からは、さまざまな悪玉ホルモンが作られます。その一つにTNFーαと呼ばれる物質が作られますが、これはインスリンの働きを弱くし糖尿病や脂質異常症を誘発すると言われています。また、内臓脂肪は他にもアンジォテンシノーゲンという血圧を上げる物質を分泌しますし、血液を固まりやすくするPAI-1と呼ばれる物質も増やします。また、内臓脂肪は太った人に梗塞が多くやせた人に出血が多いことにも関係しています。

 

その他にもレプチンというホルモンも分泌しますが、このレプチンは満腹を脳に伝え、食欲をなくすホルモンで内臓脂肪が増えると作用が減弱します。そのため、食べても、食べても、満腹感が得られなくなり、大食してしまいます。食事を減らしていると、しだいに少量でもお腹がいっぱいになりますが、これはレプチンの働きが良くなったからです。内臓脂肪が増えると交感神経の緊張が高まり、血圧を上げる原因になります。逆に、皮下脂肪からはアディポネクチンというインスリンの働きを強める善玉ホルモンが分泌されますが、内臓脂肪が増えると減ってしまいます。このように内臓脂肪が増えことで生活習慣病になりやすい傾向になるのです。

 

一方の皮下脂肪ですが、脂肪の量が増えると細胞分裂を繰り返し、個数を増やしますが細胞自体はあまり膨らまず、大型脂肪細胞にはなりません。このため悪玉ホルモンが増えたり、善玉ホルモンが減ったりすることはなく、代謝には影響しません。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top