麦ご飯がコレステロール値を下げる

麦ご飯がコレステロール値を下げる

 コレステロール直を下げるには、毎日の食生活に積極的に食物繊維をとり入れることです。食物繊維は、ありとあらゆる植物性の食品に含まれています。豆類や野菜類、きのこをさまざまな料理で食卓に上らせてください。

 

 中でも、簡単にたっぷりと食物繊維をとる方法としておすすめしたいのが、大麦を入れて炊いたご飯を食べることです。大麦は、食物繊維を含むほかの食材とくらベても、食物繊維量が豊富です。大麦を白米にまぜて炊くことに抵抗がある人は、最初は大麦と白米の割合を2対8くらいで炊いてみてください。コレステロール値が現在正常値で、今後も正常値を保っていたい人は、このくらいの割合でもいいでしょう。

 

 ただし、すでにコレステロール値が高い数値の場合に効果的なのは、大麦と白米を5対5で炊いて食べることです。大麦は白米とはまた違つ一た風味ですが、甘みがあって食べやすいと思います。麦ご飯や食物繊維が豊富に含まれている野菜を食べることでコレステロール値が下がります。

 

 食物繊維の1日の摂取量の目安は20-25gとされています。現代の食生活でこれだけとるのは意外にたいへんです。たとえば、豆類なら乾物の状態で50gとらないとあまり効果が期待できません。その点、継続的に一定量の食物繊維がとれる麦ご飯はすぐれた方法だと思います。

 

関連記事

食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬
『そろそろ健康診断か、そういえばコレステロールが気になっていただ・・・今すぐ何とかしたい!!』そんな方にオススメの方法が食物繊維の摂取です。手っ取り早くコレステロールを下げるのなら食物繊維を多く含んでいる食品を積極的に摂取することです。

 

 

 

コレステロールを下げる食材
実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

コレステロールの高い食品
食事療法で高コレステロールを改善するには、原因の一つでもある高コレステロール食品を日頃食べていないか見直しましょう。実は、意外と知られていないのですが「いか」、「たこ」、「貝類」などはそれほど影響のないことが最近の研究で分かって来ました。

 

 

コレステロールを下げる食事
実は意外と知られていないのですが、コレステロールの約8割は体内で生成されています。コレステロールを下げるには、コレステロールが多く含まれている食べ物だけを控えればいいと思われがちです。 しかしこれだけでは不十分なのです。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報